沢山の出会いがありますように… 【pleny】 –


2014年7月9日

彼女との初体験

Category: セフレについて – C6iZvsryWn 4:01 PM

初めてのセックス。
誰にとっても忘れられないものです。
恋人との初体験、の場合は、やはり経験豊かな女性が相手、という事は少ないでしょうし、色々なハプニングがおこります。
まず、場所。
特に学生の場合、金銭的にも立場的にもラブホは敷居が高いもの。
かといって自宅、彼女の家、ともいつ両親が登場するか分からない。
運良く両親が法事とかで一晩家を開ける、なんて時に限って彼女が生理だったりと、青春に失敗はつきもの。
また、実際にセックスが始まってからも悩みはつきません。
これは多くの男性が同意すると思いますが、初めてなので何をどうすれば良いかわからない、ということ。
これまで見たAVやエロ本の知識を総動員するものの、ナマのおっぱいを目の前にすると、もむべきか、吸うべきか、または乳首を軽くかむべきなのか・・。
男である以上、本能的に、ましてやセックスに関しては彼女より優位に立ちたいし、チェリー風味は出したくない。
また、いよいよ挿入となった時も、焦った人は多いはず。
処女のアソコにはそう簡単にチンコは入りません。
処女じゃ無くても、場所の感覚が無いとやはり難しい。
かといって、素人の女の子がそうさりげなくチンコをアソコに誘導してくれるはずもなし。
まぁ、そんなこんなで初体験は失敗談だらけ、でも一回限りの貴重な体験ですよね。

2014年7月6日

顔が見えない相手への効果的なアプローチ方法

Category: 出会いについて – C6iZvsryWn 12:01 AM

mコミュより出会えるサイト.com – 評価、確実性の高い出会い系サイト紹介というような出会い系サイトで、気になる人にアプローチをするとき、どんな方法が効果的なのでしょうか?
出会い系サイトでの出会いは顔が見えません。
顔が見えないということは表情が見えません。
人は表情で、相手の心情を無意識のうちに読みながら会話をします。
それができないということは、相手のことをなかなか理解することができないということになります。
なので、出会い系サイトで、直接話すことができないという状況の中では、その点をカバーする必要があります。
では、どのようにしてカバーしたらいいのでしょうか。
ポイントは2つ。
1つ目は、少しオーバーなくらい大胆な表現をすること。
嘘をつくのではなく、普段の会話では恥ずかしくて言えないようなことを思い切っていうことで
表情で読み取れない部分の隠れた心情を伝えることができるはずです。
そしてもう一つは、相手のことを思いやる気持ちを強く持つこと。
顔が見えない分、相手のことをよく観察して、気持ちを考えて、どのように接してほしいのか、どのようなことを言われたら嬉しいのか、一生懸命考えて話すようにします。
相手を思う気持ちは自分の言葉に乗せて必ず伝わるはずです。
顔が見えないならではの効果的なアプローチをして、良い出会いにつなげられるといいですね。

2014年6月21日

テクニック不要

Category: セフレについて – C6iZvsryWn 5:03 AM

セフレ(人妻)との出会いと実際のセックスについての体験談となります。
まず、雑誌などを読んでいるとセフレは「テクニックのある男性」が漁っているイメージがあります。
凄くもてていそうな男性が、セフレ(人妻)との出会いを探してウハウハ・・・のような記事を良く見かけるので、『なんだ、テクニックがないとダメなのか・・・』と思ってしまったりしますよね。
ですが、問題ありません。
私は童貞なのに最初にセフレ(人妻)との出会いを探すと言う暴挙に出た馬鹿チンだからです!
ちなみに、どうしてこんなステータスの自分がセフレ(人妻)との出会いを作れたのかと言うと、それは「教えたがりの女性」が多いからです。
私だって、最初はセフレ(人妻)との出会いなんてあきらめ半分で使うもの・・・と思っていたのですが、プロフィールで「セックスについては余り知らない童貞です」と冗談のようなノリで作成したものを掲載していたところ、何と複数の女性からメールが届いたのです。
「お姉さんが遊んであげようか?」と言うものや、「体力に自信があるなら問題ないよ」と言う優しい内容のものが多く届きましたね。
そして、今ではちょっとずつではありますが、テクニックについても自信がもてるようになりました。

2014年6月20日

初めての大きなケンカ

Category: 結婚 – C6iZvsryWn 11:02 AM

初めて彼に対して怒りをぶつけてしまいました。
彼が仕事が忙しいのは分かりますが、私ばかりが準備に追われていると、結婚を誰とするのか分からなくなってしまい、
ケンカをしてしまったんです。
■熟年でも大丈夫!歳なんて関係ない!!→熟年婚活応援サイト.com
結婚式の準備をしているときにケンカに発展して、破局をしてしまうという人も少なくないそうですが、確かにココまで忙しいとけんかをしてしまうカップルも多いでしょうね。
もちろん私たちは破局をすることはないですが。
私がキレたら、彼が私に謝罪をしてくれました。
そして、二人でちゃんと結婚式の準備をしようといってくれました。
アクセスをしてくれている人から見たら、ここで修羅場になってくれたほうが話としては面白いのでしょうか。
今回はちゃんと彼も謝罪をしてくれましたし、仲も元通りになりました。
そして、彼も私が怒ったらどのようになるのかを分かってくれたでしょう。
私がどんな怒り方をしたのかは書きませんが。
何がきっかけで、ケンカに発展してしまったのかというと、些細なことです。
両親たちの顔合わせの話をしているときに、服装はどのようにするのかを話していました。
両家の中間ラインにある料亭を借りることにして、顔合わせをすることになりました。
料亭を借りるために日程も決めて予約をしたわけですが、料亭を見つけたのも私で、予約をしたのも私です。
それだけじゃなくてメニューなども私が決めることになりました。
彼はというと仕事が忙しいですから、日程などを実家に電話で伝えただけです。
かなりストレスが溜まってしまって、この話で私が怒りを爆発させてしまったわけです。
彼に、両家の服装が違いすぎたら、どちらかの家が不快になってしまうから、ドレスコードにしたほうが良いのではないかと伝えたんです。
どちらかが着物を着てきて、どちらかは違っていたら、良い気持ちにならないものですからね。
すると彼が「そこまで細かくこちらが指定をするのは、親に対して失礼だろ」といって、私が怒りを爆発してしまったのです。
私としては「親に対して失礼というけど、ちゃんとしておかなきゃ親が恥を掻くだけでしょ!
そっちのほうが失礼じゃん!」ときれちゃったわけです。
このことだけではなく、「私だって仕事が忙しい」とか「私だけが結婚式をするの?」とまくし立てたような気がします。
そして彼が悪いと思ってくれたのでしょう。
ちゃんと謝罪をしてくれたのです。

2014年5月23日

恋愛したいって思う人はツイッターをオススメします

Category: 出会いについて – Tags: – C6iZvsryWn 5:56 PM

恋愛したいなとずっと思っていましたが、日々の忙しさに追われ、恋人ができる状態ではありませんでした。自分の会社をあまり悪く言うようなことはしたくないですが、残念ながらブラック企業だと思います。定時に帰れるなんてことはありません。残業手当は当然のように出ません。サービス残業を断るものなら、出世街道から外れてしまうのはもちろんのこと、最悪の場合はリストラされます。ですから、昇進を夢見て必死に頑張っているのですが、未だにヒラのままです。
僕の唯一のストレス発散場所はツイッターです。日々あったことを、その都度ツイートしてるのですが、自分の発したツイートに他の人が反応してくれるのがとても嬉しいです。フォロワーの数は大したことありませんが、広く浅くというのはどうも性に合わないので、気の知れた人が数人いれば僕はそれで充分です。
相互フォローしていた女性と仲良くなりました。これはチャンスだと思いました。もしこれで会えでもしたら、きっと恋人ができるんじゃないかと思いました。何の根拠もない直感でしたけど、その直感は正しかったです。会ってからはとんとん拍子だった気がします。ただ僕の仕事が仕事なので週に1回しか会えないのが残念ですが、彼女の「頑張って♪でも、無理はしないでね」っていう一言だけで僕は元気になれます!